2時間を経過できずに棄権

☆記事を読む前に→こちらをクリック←してください♪☆

こんにちは!みつです。

メールもお写真もお嬢様なイメージだったさやかさん。

写真はバックからライトで照らされているような
陰影が濃くて、少し輪郭が分かりにくくなっていたのですが
実際お会いしてみると、イメージとは全くの別人でした(;・∀・)

4,5年前から婚活をやっていて、ネットだけでもこの時点で20人くらいはお会いしていますが、
ダントツで写真と違う、陰影を駆使するとこんなに違って見えるものか、とお会いしてから店に行く間に思っていました。

スポンサーリンク

そんな状態で、すっかりテンションはダウンしていましたが、
僕には「初対面の女性とのトークを鍛える」、という大きな目標があります。

さやかさんとは縁がないとしても(え?(;・∀・))
トーク力を鍛えるために、お話を盛り上げて喜んでもらおうと思いました。

そう考えながら、店について予約していた旨を店員さんに伝えると、
なんと予約が伝わってなかったらしいのです。

いや、間違いなく予約したはずと、メールに来ていた返信を見せると
しばらくして、申し訳ありませんでした、とたまたま空いていた様子の一番良さげの席を案内されました。

5、6人くらいは座れそうな席を2人で座り、なんだか得した気分でした。

「こんなこともあるんですね!得しましたね~」と、なんとなく盛り上がってメニューを決めます。
さやかさんがメールで食いついていた、ふわふわパンケーキを2種類と飲み物を頼みました。

その後、なんとなくサイトのプロフィール欄に書いていたことをなぞって
話を振ったり、メールした内容をまた振ってみたりしましたが、

スポンサーリンク

メールの時と同様、盛り上がらない感じで。
僕も僕でダメなところはあったんですが、さやかさん自体も特に話を盛り上げようという気持ちが見えない方でした。

前回のすみれさんやM♪さんのように、心惹かれるものがある方なら
それでも頑張ろうと思うのですが、さやかさんの場合、その気持ちが中々出てこないのが辛かったですね。

さやかさんは
「婚活はなかなか難しいですね。いい人になかなか巡り合えません。」
と言っていました。

うん、多分そうだと思います。と心の中でうなずいてしまいました(失礼しました(;・∀・))

途中であまりにも沈黙の時間が苦痛で、席について1時間ほどでしたが
「そろそろ行きましょうか」
と、言ってしまいました。

予約時間の2時間を経過できず棄権という形に。

コンサルタントの杏里さんにアドバイスを受けた

〇道路ではさりげなく車道側を歩いたり
〇ドアがあれば先に開けてあげ
〇室内では寒暖や体調に気を遣ってあげる

この辺りの気遣いは実行しました。

また終わり間際に「また今度はご飯に行きましょう」と試しにお誘いをしたら
この場ではOKをいただきました。(その後お誘いはしませんでした。)

ああ!あと婚活再開してはじめて
「(会計を)お出ししますよ」と言ったら断られなかったですね。
婚活再開後4人目で初の奢りを達成しました(笑)

しかしこの経験からまだ僕は
「トークが苦手だと思われる」かつ「僕も特に惹かれるものはない」お相手に対して
2時間話し続けることはまだまだとても無理、だということを実感しました。

この結果を踏まえて、杏里さんにまたご相談しようと思ったのでした。

   

婚活ランキング

ランキングに参加中♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す