自己開示とモテキ

☆記事を読む前に→こちらをクリック←してください♪☆

こんにちは!みつです。

さやかさんとのお茶は、

途中であまりにも沈黙の時間が苦痛で、席について1時間ほどでしたが
「そろそろ行きましょうか」
と、言ってしまいました。

予約時間の2時間を経過できず棄権という形に。

この経験からまだ僕は
「トークが苦手だと思われる」かつ「僕も特に惹かれるものはない」お相手に対して
2時間話し続けることはまだまだとても無理、だということを痛感したのでした。

スポンサーリンク

その後コンサルタントの杏里さんに相談したところ、
「会話が続かない人の特徴は自己開示が少ない」
というのがあるそうで。

確かに、と納得。
僕は仕事柄、相手のお話を逐一聞くというのも
重要な仕事の一つなので、普段もそれが染みついているところがあります。

また自己開示の深さも大事だそうで。
自分の性格や考え方が伝わるようなトークが良いのだそう。

そういえば僕にもモテキというものがありまして
一番のは中学生の時でした。

その時は人生で一番調子に乗っている時期で
やりたい放題、言いたい放題やっていました。

スポンサーリンク

1日1回クラスで爆笑を取ることを目標にしてました。
しかも大体爆笑させてました。まあほぼ天然でしたけど(笑)

その時はかなり目立っていたし、何人も僕のことを好きになってくれる女の子がいました。
(恥ずかしかったので付き合ったりはしませんでしたが。もったいなかった笑)
全く話したことないような人でも、僕に親しげに話して来たりしていました。

学生の時とはいえ今では考えられない現象が起きていました。
勝手に深い自己開示をしていたってことなんでしょうね。

そこから比べると、出る杭は打たれるという経験もあったり
恋愛でトラウマになるようなこともあり、

知らないうちに慎重派になって頭が固くなってしまい、
なかなか女性に相手にされないようになってしまいました。

しかし、原因が分かれば少しずつでも変われるはず。
一歩一歩階段を上っている感覚を大事にしながら、
今度は自己開示をテーマにしていこうということに。

そして、最後に僕を見て
「みつさん、この調子で3か月もすればあなたはすごくモテるようになります。
そして自然と彼女もできると思います。」

と予言めいたことを言ってくれました。
半分は励ましだとしても僕にとっては嬉しい言葉で、
また頑張ろうと思ったのでした。

   

婚活ランキング

ランキングに参加中♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す