婚活で記念すべき初の2回目のお茶

☆記事を読む前に→こちらをクリック←してください♪☆

こんにちは!みつです。

ブライダルネットで知り合った34歳の常盤貴子風のともえさん、と2回目のお茶をすることに。

実は僕は当時、今年に婚活再開してから未だに、婚活で出会った女性と2回会ったことはありませんでした。

振り返ってみると

M♪さん⇒その場ではOKもらったものの、メール数通交換後お断りされる
ひなのさん⇒同上
あやかさん⇒同上
みそらさん⇒ほぼ同上
ちなつさん⇒その場ではOKしたものの、すれ違いもありこちらからお断りする
ななみさん⇒同上
かえでさん⇒彼女の都合で1か月後に会う予定が一応あり、メールを継続中

婚活の場で2回目につなげるのが壁があるのが分かります。(僕もまずい対応がありましたが)

それが今回のともえさんは初めて、すんなり2回目お会いする日になりました。

ともえさんは仕事ができる女性で、連絡はしっかりしていました。

その辺りは安心感がありました。

では、記念すべき?初の2回目のお茶です。

スポンサーリンク

前回、「みつさんが、来るのが大変じゃなければまたお会いしましょう」

と言われた通り、またともえさんのお近くの都心までいくことになりました。

正直なところ、僕は人混みが苦手です。

住んでいるところが田舎なので、都心の信じられないくらいの人の数を見ると、

その中にいるだけで疲れてしまいます。

今回のお店は駅から3,4分ほど歩いたところにあるカフェで

これだけ人がいるのにカフェの中は割と空いていて、しかもオシャレな感じ。

スポンサーリンク

予約もしていたので奥の良い席を確保でき、ともえさんにも好評なようでした。

が、ともえさんとの会話は前回同様盛り上げるのが少々大変で、

どうすればいいんだろうなあ、と思いながらも自分のことを話したり、

ともえさんが言っていることを掘り下げて聞いていたりしたら、

ともえさんが

「みつさん、一つの話題になんでそんなに時間かけて話すんですか?」

というようなことを聞いてきて、(え??)と思いながらも

「興味のありそうな話題には掘り下げて聞いた方がいいかと思いまして。。

じゃあともえさんはどうしたらいいと思いますか?」

と聞くと、

「ちょっと話したらすぐ次に移ればいいんじゃないですか?」

と返してきたんです。

(いや、それで続けばいいけど、話を続けるのに四苦八苦してるから掘り下げているんだけどなあ)

と思いつつも、なんとなくの返事をしてその話題は流れ、

これはいかん流れだなと思い、次はどうしようかという目的のあった会話をしようと

「次はどうしましょうか、ともえさんはどこか行きたいところとかありますか?」

と聞いてみたところ、

「私は夜ではなくて、土日の昼間からお会いしたいんですけど・・」

「そ、そうですか。僕は土日仕事なので休みにしない限りは難しいですね。。

仮に付き合ったりして彼女としてなら考えようかと思いますが・・」

というような会話になり、僕としてはその時も仕事を早く終わらせ、

1時間半かけて彼女の近くの駅まで行き、十分合わせていたつもりだったところに、この発言。

ともえさんは正直なところを言ってくれたと思うのですが、

先ほどの話題の話といい、都心の人ゴミに疲れを感じていたこともあり、

急速にテンションが下がっていくのを感じていました。

 

婚活ポイント
婚活の場で2回目につなげるのは壁がある

 

ともえさんと出会った
日本最大級のネット婚活『ブライダルネット』

ブライダルネットの評価・口コミ・レビュー

   

婚活ランキング

ランキングに参加中♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す