ことねさんと盛り上がらない会話

ブライダルネット 

☆記事を読む前に→こちらをクリック←してください♪☆

こんにちは!みつです。

ついに専門の方に写真を撮ってもらおうかな、という流れになりまして
明日いかにもそれっぽい場所で撮ってもらいます(笑)

もう十分やりとりしている人はいて、
何回もお会いする人もいるので、

メールだけならともかく、会う時間を作るのが
これ以上は不可能に近い状態なんですけどね(;・∀・)

まあ結婚まで行くかはまた別の話ということと、

その写真を撮ってもらう方も、恋愛活動をしていて
とっても成功していて体験談やアドバイスをしていただけるという話なので、

お話を伺うのも楽しみにして、行ってきます。

でも休みというわけじゃなく、半日それで休みにして帰ったらまた仕事なんですけどね(;・∀・)

さて、ことねさんとはチョコレートの人気店の一番奥の席に座りました。
少しして、コンサルタントの杏奈さんが到着するのも確認。

トーク開始です!

スポンサーリンク

実は杏奈さんからは、「録音できたらしてほしい」との指令を受けていました。
で、考えた結果。僕は録音レコーダーも持っていたのですが、
(4年前に婚活していた時に、パーティーでのトークを録音して確認したりしていました。)

それをテーブルに置くのはいかにも不自然すぎる。
かといってポケットに入れていたら、おそらくほとんど聞こえない。
(パーティーでのトーク時は、渡されるフリップ?の裏に隠して持っていました。(笑))

なので今回は携帯の録音アプリを入れておいて、
アプリを起動して携帯をテーブルに置いたままにしておきました。

そんな下準備をしながら、ことねさんと話し始めました。
ことねさんは容姿は、分かりやすい修正でガッカリな感じでしたが
声はとてもかわいい感じの方でした。

そして、かなり頑張って応対をしてくれる方という印象でした。
ただ、話の内容は僕も悪いのですが、表面的な話を行ったり来たり。

スポンサーリンク

なんというんでしょうか、全然話していても面白くないというか(笑)
どうやって話を盛り上げようか、二人で盛り上げどころを探しているけど中々盛り上がらない。

しょうがないから、また次の話を探して移る、みたいな(;・∀・)

で次の話を探すのは、まあ男性の僕の役目なんで
段々疲れてきちゃう感じでした。

多分表面的だけ見ればなんとなく盛り上がっていたんですけどね。

で、今回のコンサルタントの杏奈さんに同行してもらったわけですが
もちろんタダじゃないです(笑)

同行時間も料金に入るので、ことねさんとのお茶は1時間弱で切り上げ、
その後のコンサルタントの時間を4、50分程度で合計2時間稼働していただく、

それプラス交通費と、かかったお茶代などをお支払いする予定でした。
ベストはお茶の時間を2時間くらい設定したほうがいいかと思うのですが、それはしませんでした。

いや本当にね、婚活費用半端なくお金かかるんですよ(笑)
削れるところは削っていかないと(;・∀・)

そんな事情があり、時計を見ると1時間くらい経っていたので、
話の感じは杏奈さんに伝わっただろうし、もういいかなと思い、

特にことねさんとまたお会いしたい気持ちもなかったので、
ことねさんとのお話はこの辺りで切り上げました。

あ、ちなみにチョコレートは有名店だけあって確かに美味かったです(笑)

コンサルタントの杏奈さんのブログ
※ご本人からご要望があったので登場回はお載せします♪

   

婚活ランキング

ランキングに参加中♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名希望 より:

    ご自分がどれだけの容姿が分かりませんが、女性の外見に対してのダメ出しが多すぎませんか?
    女性も貴方のそういう目線が気になって上手くいかないのでは?
    文章は下手に丁寧に書かれていますが、実際の婚活は上から目線の気がして仕方ないです。

    1. みつ より:

      匿名さん、コメントありがとうございます。
      まずブログだから多少なりとも面白おかしく書いている面はご容赦ください。
      女性の外見については、写真と違うと思った点を正直に述べています。
      また、他の例も見てもらうと分かると思いますが、上から目線が原因で失敗している例はないと思います。
      一番に言いたいことはどんなケースでも、「相手の女性を楽しませる、場を盛り上げること」については
      毎回毎回その時のできる限りのベストを尽くしています。その辺りも読んでいただけると嬉しいです。
      お気に障った表現があったら申し訳ありませんでした。

コメントを残す