「苦手だから無理でした」では成長がない

☆記事を読む前に→こちらをクリック←してください♪☆

こんにちは!みつです。

ユーブライドのサイト内に載せていた写真が

映りが良くなさ過ぎて、実際にお会いして見たら

すごくかわいく見えたかえでさん。

こういうギャップもアリかもな、などと思いつつ

「じゃ行きましょうか。」と言ってお店に案内しました。

スポンサーリンク

「引っ張ってくれる男性が好きです。」

とユーブライドのプロフィールに

書いてあったかえでさん。

それを考えて、エスコートしてリードすることを意識しました。

「この駅には来たりするんですか?」

「あそこの2階の店なんです。」

などといつも通りの他愛のない話をしながら移動します。

お店についてから、メニューを考え、

ひと段落して落ち着いて話をしようとするころ。

かえでさんの印象はメールでの

「とらえどころない女性」という感じそのままだな、

ということに気が付きました。

もしかしたら最初だからなのかもしれませんが、

あまり主体的に話をしないし、盛り上がるポイントもわかりづらい、

どちらかというと話を聞く方が好きな、僕が苦手とするタイプでした。

しかし、ここで「苦手だか

ら無理でした」、で終えたら成長がない。

僕から積極的に自己開示をして、自分を出してから話をふっていこう、

スポンサーリンク

と考えて、いろいろな話をしました。

自分の性格や考え方がわかるような、エピソードを選んで

嬉しかった時や楽しかった時は笑顔を意識して話しました。

その中でかえでさんの反応良く返ってきたのは、

家族の話や、スポーツの話、仕事の話でしょうか。

家族はお母さんには電話をたまにしてこういう話をしたりするとか、

スポーツは学生時代新体操をやっていたとか、

仕事はこういう仕事をやっていて、職場にはこんな先輩がいるとか。

メールでは知らなかったことを、少しずつ聞くことができました。

割合的には僕が7割くらい話して、かえでさんが3割くらい答える、という感じでした。

普段は僕が8割は聞いているので、なかなか新鮮な体験でした。

ただ、ちょっと時間が経つのが長く感じ、

そろそろ締めに入ろう、と思い

1時間を少し過ぎたところで、

「今度よかったら食事にでも行きませんか?」

とお誘いしてみました。

「はい、お願いします。」

とかえでさんから笑顔でほぼノータイムで返ってきました。

こんなんでいいんだな、とちょっと拍子抜けするくらいでした。

 

 

 

 

かえでさんと知り合った
無料会員でも出会えるユーブライド

   

婚活ランキング

ランキングに参加中♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す